社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:History( 3 )


2004年 11月 01日

ビバオール。なんか懐かしい

幻の東北限定アイス「ビバオール」を食べる | Excite エキサイトから

私の記憶では、小学生の低学年のころ、このアイスを駄菓子屋で買った覚えがある。確かに
パッケージのように、中にイチゴソースが入っていて、中の棒のところにビバオールと刻印が
してあったような・・・この一目で着色した雰囲気の分かるピンク色が、結構好きでした。

そういえば、三角形のような形だったなぁ・・・んーーー懐かしい。

私の元棲家は、茨城県の北部よりなので恐らく東北南部から流れてきたのでしょうか?不思議
です。

でも最近は、昔懐かしい駄菓子屋減りましたね。少子化とか時代の流れなのでしょうが。学
校終わると小遣い貰って、駄菓子屋に入り浸っていた子供時代が懐かしいです。ジジィモード
突入中?

全国どこも同じでしょうが、私の田舎では、駄菓子のほかに、50円でもんじゃ焼きが出来たり
夏にはカキ氷(50円)やカルメ焼き(100円?)、焼きそば・焼きうどん(100円)、あべかわ餅
(30円)など駄菓子屋それぞれに差別化されたオリジナル商品がありましたね。

あとドクターペッパーの景品だったと記憶していますが、ヒヨコが景品として当たり、それが
ニワトリまで成長して、近所の鳥を捌くことが出来る人に頼んで、晩のおかずにしてもらった
こともありました。

今思えば20年以上も前の話でした。最近は駄菓子もコンビニで売る時代ですから・・・
[PR]

by dragon2011 | 2004-11-01 19:23 | History
2004年 10月 20日

いまどきの大学

先週末、ある試験を受けに明治学院大学にいきました。いわゆるキリスト教系?の大学です。
私は、この大学の出身ではないので、詳しくはしりませんが、何度か足を運んだ程度の情報
しか持ち合わせていない前提でのお話です。

場所柄(白金)ハイソな方も多く、結構好きな周辺環境です。大学もこじんまりとしています
が、良い雰囲気です。前置きはこのぐらいにして、本題に入ります。

昨今の大学は、不景気や世間の風当たりや就職難等が入り混じっているせいか、バブル末
期の大学とは一線を画しますね、正直。学生の意識は、よくは分かりませんが、全体的に何
か訴えているような印象を受けました。

たとえば、様様な問題を講師を交えてざっくばらんに話し合う機会の創出だとか、(☆☆カフェ
とか命名してました)大学に行っている意義を問うだとか、はたまたIPテスト(TOEICの団体
版受験料が安い)を実施したりとか。(大学側から訴えている要素は確かにありますが)

これらのことが、この大学だけのことかどうかは分かりませんが、白金の校舎の掲示板に
は、そういった情報が満載でした。

10数年前の大学生活でこんな情報全くなかったか?と、ふと考えました。恐らく見過ごして
いたのかもしれません。自分の大学生活に何が足りなかったか、思い知らされたような気が
しました。

まぁジジィーになった証拠でしょうか?
[PR]

by dragon2011 | 2004-10-20 19:02 | History
2004年 08月 06日

戦後処理って・・・ムズカシイ

何日か前のTVで、一連のサッカーアジアカップのブーイングに関する報道で、デーブ・
スペクター氏が、気になることを言っていた。「日本は戦後処理が問題だった」との発言、
気になったのでNetで調べてみた。

最初は、デーブなに言ってんだかと正直思った。しかし・・・

戦後処理を問う時、必ずドイツと比較される。地理的・バックグラウンド等地違うのでナンセン
スかなと思ったが、ちょっと意外なことが解った気がする。<以下はその比較と共通項>

1.ドイツと日本の背景の違い
 
 ドイツ:隣国と陸続き、隣人に受け入れられる為には過去の清算が必要。
 日本:島国、隣国を無視しても、アメリカの庇護の下、過去から逃げられると思っていた。本当?
 
 ホロコースト:ドイツが行ったユダヤ人への大量殺戮。日本は国家レベルの大量殺戮は
          していない。但し戦争だから殺戮はあるが、規模が違いすぎる。
          (600万人以上の殺戮)
 広島と長崎:独に落とすために開発された原爆は、その準備完了時は独はすでに敗戦
        状態。原爆投下で日本は、犠牲者という意識が蔓延し、自分の罪を都合よく
        忘れた。
 敗戦後の日本:アメリカの単独統治、天皇は在位のまま、間接統治。官僚制のまま継続
 敗戦後のドイツ:連合国(米・仏・英・ソ連)も分割統治、後西と東に分断。未だに国家として
           の戦後処理はなし?
 
2.共通項
<戦争犯罪の告発>
 日本:戦後10年で戦犯は釈放(1958年)
 ドイツ:1958年ナチス犯罪解明本部設立後、10万人の被疑者に対し訴追。うち6500人
     が有罪。(現在進行形)

<教科書問題>
 ドイツ:ポーランドとの間に教科書対話(1972年)一定の成果
 日本:韓国との対話推進、中国は?
 国内:「新しい教科書問題」サンフランシスコ講和条約で国家賠償解決済み、だから個人
     補償不要。独は、国家の罪は認めず、ナチスの犯罪として個人補償したのみ、日本
     とは違う。

<強制労働に対する補償>
 ドイツ:財団を設立し2000年7月、補償金支払いを国会で可決。法律偏重ではなく過去と
     の決着と政治的意志の表れによるもの。
 日本:国家としても補償のみで終了。条約や限定法での責任。<新しい歴史教科書は、個
    人補償をしたのは、ドイツのみと言及それもナチスの仕業(国家ではない)としている。
     国家としは分断された歴史から国家補償は皆無としている。

米:在米日本人に対する強制労働で補償金と公式謝罪。(戦勝国なのに謝罪した事実
(米教科書掲載)を民主主義の勝利とした)

3.まとめ
政治的な意志の欠落によるもの。根本は、日本対中国・韓国ではなく、日本人同士の歴史認
識の違いを正す合意が無いことが問題だとしている。知識層や施政者層を縦断する深い亀
裂が問題だとする。歴史は単なる過去ではなく、現在に繋がり、未来へと繋がる、という言葉
に重みを感じた。

---最後に---
「新しい歴史教科書」の内容は、否定しない、が単なる過去ではない、未来に繋がることを
考えると、日本人同士の歴史認識を今一度見直す必要があるなと感じたこと、また戦後処理
に正解は無いということ、つまり講和条約の有無でも個人補償の有無でもなく、日本人として
近隣諸国への蟠りが無いように解決することが必要と感じた。(但しいつまでも先方が蟠って
いるのは別。)

*講和条約締結で勝手に線引きしてしまい、尚且つ原爆による被害者意識があいまって、自
分で起こした戦争を直視できなかったのかもしれない。また地理的要因もあっただろう、宗教
的な意味合いもあったかも知れない。戦争と捉えるのではなく、一つ一つの事件・事故・出来
事と捉え、お互いの共通認識が必要ではないか?アジアの歴史教科書を作る努力をまず始
めたらいかがか?そうすれば自ずと、反日教育・新しい教科書もちょっとは改善されるような
気もしますが。(様様な要素は絡んでくるでしょうが)

*原爆を投下されたことと侵略したことを混同してはいけないかも。
*人間だから感情的になることはある、でもけじめをつけて前に進む、これしかない。


【参考】googleで「戦後処理」「ドイツ」で検索したサイト群
     「新しい教科書」に関する記述が多い、主張はみな一緒、以下サイトが大変参考となった。
    とりわけwww.ajiazaidan.org/japanese/ forums/13-11-2001/pdf-file/mokuji-j.pdf
[PR]

by dragon2011 | 2004-08-06 18:14 | History