社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 26日

専業母親にスポットライトが当たってない

0歳から人任せで「親」と言えますか?

0歳児からの保育所入所と幼稚園との複合施設新設or併設。ついでに親への助言や相談も
承ります。省庁を超えての一元化なる。事情がある人にとっては、恐らくいいことだと思います。
(個人としてはNG)

でも待てよ、毎度ながら、これらの政策って働く女性にしか、スポットライト当ててないよね。
女性の社会進出結構だと思います。じゃ、働かずにいる専業主婦ってどうなるのよ。無視か
い・・・(by my wife)

全くいうとおりです。働く母親には、保育所入所時に助成金が下ります。品川区の例だと最大
にして月額にして約60万が公費負担です。一方専業子育て母親には、補助金は一銭もおり
ません。この差はなんなのでしょう。働く母親の場合、所得+助成金が実質収入です。専業
の場合、所得ゼロ+助成金ゼロです。

扶養に入っているから文句いうな。社会保険払ってないのに文句いうな。という論理なので
しょうか。

もちろん保育所に子供を入れざるを得ない人もいることは否定しません。けれど、余りにも働
く女性がすばらしいという幻想にとらわれすぎていませんか。(女性が、子供を産み、社会復
帰を果たすことを目的とした制度には、不十分すぎるということ。少子化対策?ちゃんちゃら
おかしい。)

犯罪の低年齢化・凶悪化は、オトナが引き起こしていると思います。このことが即、この問題
(0歳児入所)へと発展するとは思えませんが、保育所に入れることで、本来注がれるべき愛
情が、多少なりとも不足しませんか?不足しないまでも、働く女性は、社会構造が故に働か
ざるを得ないのと違いますか?この制度は、事情がある人を含め希望すればすべての人が
対象です。

zetumu(トラバ元)さんが言うように、企業側の受け入れ態勢の環境整備が肝心です。また
そのような環境を整備することが何にも増して政府の役目です。その上で、この体制が強化
整備されることを切に願いたいです。
[PR]

by dragon2011 | 2004-08-26 15:15 | 社会環境


<< ビル外での喫煙行為って反則だよね      過剰な期待か、戦術か、幻影か・... >>