社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 24日

小手先だらけの年金改革!!!

転職者が厚生年金を辞めると、当然国民年金に加入しなければならないことは、大方の人は
知っている。それを強制加入にしようがしまいが、関係あるのかな???国民年金に入るに
は、転職後役所へ申請しなければならない。(ここで役所へ申請しない人がいる)

強制適用は、職権で加入させるもので、年金手帳や納付書が送られてくるらしい。

でも、待てよ。国民年金加入後払わないのは、自由なはずである。(満額もらえないらしいけ
ど)だから、強制加入させても、納付率って上がるものなの?

学生には、効果があったと言っているが、(未加入者が、94万人から64万人に)学生は免除
制度あるので、すべての学生が払っているとは思えない?どうも未加入状態から加入状態
(免除含)になったと取った方が正解でしょう。

取れるところから取るのは、回収の常套手段かもしれないが、どうなんでしょ、
平成14年国民年金被保険者実態調査の結果(速報)からみると、どうも割合的には、若年層
(20~30代前半)が大半で、尚且つ理由が経済的理由によるわけだから、そこのところを改
善しない限り納付率向上は見込めないはずです。

小手先だけの対処じゃもう駄目なのは明らかなので、強制は強制でも、税金と一緒に取る
(国民年金の加入者の銀行口座から無条件に引き落とすとか)とか、苦しければ猶予し、遡っ
て何年でも払えるとか、しなければ駄目でしょ。(3年遡る!その根拠は?)

年金不信というけれど、監督官庁の不正問題・未加入者の加入問題・年金制度の改革をす
べてやらなくては、年金不信なんか解消できないでしょ。(まぁわかりきった事ではではありますが)

これからも永遠と続くのでしょうね。年金不信は・・・
なぜ通してしまったのでしょうかあんな法律 <俺には関係ないね by センセイたち>

ソース:Asahi.com & Tokyoshinbunweb & 社保庁HP
[PR]

by dragon2011 | 2004-08-24 18:51 | 社会環境


<< ちょっと複雑・・・      閉じた業界の末路?? >>