社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 28日

どうやっても談合はなくならない

新潟市の公共工事で、ゼネコン113社に対し排除勧告のNewsを読んでの感想。「どうやっ
たって談合はなくならない」。入札業者も公共工事はおいしいから談合を繰り返すわけでしょ
うが、それを管理する役所が、いつまでも予算という概念で入札を行う限り、談合はなくなら
ないでしょうね。

電子入札が注目されているが、これだって事前に入札業者は解らないから談合はありえな
いと思っているようだが、入札する業者は業種(産業区分)や過去の実績・入札内容で想像
できてしまう。だから厳密に言えばウラで談合することは可能なはず。

ではどうすれば談合を防止できるかと考えると、やっぱり私企業の論理に置き換えるしかな
い。予算は消化するものではなく、いかに削り翌年に持ち越すか。いかに安く物品なり工事を
業者に行わせるかを追求しない限りだめでしょう。で、横のネットワークを張り巡らし、A市は
こういう工法でいくらでやったとか、B市は、こういう物品を購入するところ仕様変更していくら
安く上げたとか。こういう事例をDatabase構築し全国で閲覧できるようにしたらいかがか。

こんなのでも駄目かな・・・でも日産はこれで再生したんだけどな
[PR]

by dragon2011 | 2004-07-28 19:31 | 国内のNews


<< 今日の話題      韓国も怯える中国サポーター >>