社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2004年 06月 07日

やっと動き出した犯罪被害者救済の道

自民党が、犯罪被害者支援の新法を今秋に議員立法として法制化するとのことです。

犯罪被害者という言葉と出会ったのは、2000年1月何とはなしに見ていた新聞紙面からでした。
第1回の犯罪被害者支援のシンポジウムが行われると聞いて、妻と一緒に参加したのがきっかけで
被害者の現状を知りました。(現在は’あすの会’という名称、よくNewsにもでますが)

問題点として
 ・ 日本の裁判制度は、被害者はただの傍聴者(裁判に参加できない)
 ・ 加害者が税金で費用が補填されるが、被害者は補償の敷居が高い
 ・ マスコミによる被害者への過度の取材(報道による被害)
                                      等々

私は、被害者ではないので陰ながら応援することしか出来なかったのですが、それから4年余り、
新法の骨格が決まっていないながら、犯罪被害に遭われた方を救済する法律が出来ることは、
犯罪被害者の権利を確立する第1歩となると思います。まだ第1歩にしか過ぎませんが、被害者が
少しでも早く普通の生活に戻れるような補償や制度が整備されることを願ってやみません。

2006.2.1追記:この立法は、民主党が作った?のですか。大新聞には、自民党と書いて
           ありましたが?円より子議員のblogから文字化けトラバをいただきました
           ので、とりあえず訂正しておきます。基本的には、被害者の権利が、今ま
           で以上に確立されれば良いのですよ。
[PR]

by dragon2011 | 2004-06-07 17:31 | 国内のNews


<< 妻を想うキモチ-皇太子様      禁煙対策やいかに >>