社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 03日

決闘罪に関する件

おとといの夕刊の一面にも小さい記事で載っていましたが、多摩川の河原で、対立する中学校
の生徒が決闘を申し込んで、決闘を行った罪で逮捕された。1対1で決闘をしたとのこと。
5名が逮捕。

スポニチ記事

この《決闘罪に関する件》 という法律があるのを始めて聞きました。明治22年の
法律です。そもそも明治時代に武士同士の決闘を禁じたことにより出来た法律らしいが、昨今
は暴走族や不良モノが対象とのこと。それで罰金がまた面白い。10円以上100円以下の罰金
を附加するとあります。今で言うと、どのぐらいなのでしょうか?この《決闘罪に関する件》
は数は少ないものの事例が結構あります。

果たし合いを申し込んだもの、受けたものが、どちらかが一方を殺傷した場合などは、殺人罪
や傷害罪で裁かれるとのこと。法律自体は、刑法の特別法としての位置付け。

いかなる世も、あだ討ち・果し合いなど恨みつらみのはけ口を暴力で訴えてはならないし、同意
の上でも駄目ですよ、ということみたいです。当然か!!!
[PR]

by dragon2011 | 2005-03-03 18:53 | 社会環境


<< 切符が通らない?改札口      個人情報保護と役所の対応 >>