社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 26日

失望?絶望?あほか最高裁

私は、純粋な日本人であると思っている。今日の最高裁判決を聞いてやっぱりな、としか
感想がない。所詮こんなもんだ。最高裁は、判例しか判断基準がない。で、判例がないと
ネガティブな判決となる。当たらずとも遠からずでしょ。

司法の怠慢との意見がある一方、当然だという輩もでるだろう。在日韓国人だから、在日
朝鮮人だから?果たしてこれがアメリカ人等欧米人であったなら、どうであったろう?
最高裁は、中国・韓国嫌いの石原さんに気兼ねしたのだろうか?

日本全国で、外国籍の人が、行政試験に参加できるのが、政令指定都市合わせても確か
20数件とか、News23でやってたな。スクネェーーー

原告も言ってましたが、今回の判決は、外国籍の人が、日本で働けないといっているような
ものだと、今回の判決を受けて感想を漏らしていました。ほんとそのとおりですね。

常々、行政の怠慢をこのblogでも書いてきた、別になんら効力が合ったとも思えないし、
こんなblogなんてヘみたいなものだが、日々勝手に書いている度に思うことは、この行政
の怠慢を是正する唯一の方法は、日本人でない人種に行政の長をお願いすることだと思う。

行政のぬるま湯体質を変えるには、やはり外国人でないと出来ない。だって石原さんだって
出来ないじゃない。あのお役所体質の日産が変わったのも、ゴーンさんがいたから。
血の滲む、下請け整理やコストカット。頭ごなしの改革をやったから。

いっそ、ゴーンさんにやってもらった方が、日本の借金もいくらか減るでしょうに・・・・。
別にゴーンさんにこだわる必要は、ありませんが。日本の行政のぬるま湯体質が
この日本を蝕み続けていることは、誰も否定できない。

Excite : News
[PR]

by dragon2011 | 2005-01-26 23:31 | 国内のNews


<< しかし、なんでもありだな・・・...      迷惑メールがすごい!!! >>