社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 21日

でも荒川があるじゃないか?

Excite : 社会ニュース

首都東京で、一般ランナーも一流ランナーと一緒に参加できるマラソンレースを開催しよう
という動きが以前からありました。

世界の大都市で、都市名の冠がつく市民レースがないのは、珍しいとのことです。
だから石原さん頑張ったでしょうが、時間切れで今年度は開催できないとのこと。

自分もジョギング大会に過去何度か参加した経験があるので、一般選手と一流選手が
交流できることの意義や、東京の都心を一度は走ってみたいという願望は少なからず
ありますね。

ご存知のとおり、テレビ中継も行われる東京国際や福岡国際・東京女子マラソンは、出場
するにも日本陸連が主催する大会で何時間何分というタイム以内でゴールして初めて、
出場資格が与えられ、なおかつレースでも地点毎に関門タイムが待ち受けるので、規定
時間内にその地点を通過しないと失格になるというレースです。まして市民ランナーなんて。

たしか、日本で一番基準がきついのが、福岡国際マラソンでは無かったでしょうか?

いずれにしても、とても市民ランナーが参加できるようなレベルの大会ではない。私なんぞ
がでたら、ハーフが終わるころに、TOPがフルでゴールできてしまうようなタイムなのだから。

で、市民レベルの大会で、なおかつ関門がやさしい大会が、荒川マラソンなのだが、こちらを
拡張するのも手ではないだろうかとも思う。

是非、ホノルルマラソン並みの参加資格を有した市民マラソンが、東京の都心を走り抜ける
日がくることを切に願いたい。(どのタイミングでフルに挑戦するか、密かに考えています。
でも最近練習さぼっているので当分駄目ですが・・・)
[PR]

by dragon2011 | 2004-12-21 00:40 | 国内のNews


<< 今度はイタリア!禁煙対策      食玩は文化だ! >>