社会派ブログ--実はただのグチ

seadra5.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 29日

地方と中央の格差-競馬-

最近、競馬とんとご無沙汰ですが、地方競馬の廃止が後を絶ちませんね。

今日のNewsでも高崎競馬が廃止の意向とか。また笠松競馬(オグリキャップで有名)も
廃止の方向で話が進んでいるとか。
ソース:NikkanSports


近年の地方競馬としては、中津競馬(01年3月廃止)、三条競馬(02年1月廃止)、益田競馬
(02年8月廃止)、足利競馬(03年3月廃止)、上山競馬(03年11月廃止)が廃止されており、
8月には宇都宮競馬も今年度限りでの廃止が打ち出されているとのこと。

それに比較し、JRA(中央競馬)は、一時の勢いはないにしろ、若者を惹きつけ地方競馬との
格差は広がるばかり。儲かっているから、設備の充実は凄いの一言。(場外馬券の設備更
新・新設、競馬場スタンドの改修、他・・・)

でも馬の生産者は、どうなんでしょう。馬自体には、中央・地方区別は当然無いわけだから、
やはり先細りですよね。

農水省及びJRAは、もっと馬生産者やそれを取り巻く人たちの為に、ちょっと考えなくてはなら
ないような気がしますが?

例えば、地方・中央合同で平日開催するとか、地方・中央区別無く出走させるとか。共同の場
外馬券売り場を作るとか・・・。

このままだと南関東(大井・船橋・川崎)とJRAだけしかなくなってしまうでしょうね、きっと。

*私、競馬関係者ではないので、行く末を静かに見守りたいと思います。(元競馬ファン)
*ギャンブルは必要悪という人にとっては関係ない話ですが、まぁ一種の娯楽ということで。
[PR]

by dragon2011 | 2004-09-29 17:29 | 国内のNews


<< Win vs Linux & ...      運動会でのある光景 >>